最大値引き106万円!トヨタC-HRを買うなら中古より新車がお得!

c-hr 最大値引き

C-HRってかっこいいから大人気ですよね!

6913

 

C-HRってかっこいいですよね♪
発表された時の写真に心を奪われました(笑)

 

私がそう感じるってことは、世間の方々も同じなんでしょう。
発売以来C-HRは大ヒットとなっているようです。

 

中古車を探してみても「新車と変わらなくないか?」っていう値段だったり。
でも、ビックリしました。

 

いまだに自分でも半信半疑なんです。
ネットサーフィンするうちに、ふとこのサービスが目に止まったんです。

 

それは「新車流通革命」です!!

 

6909

 

C-HR専門に新車販売をする会社さんです。
新車を買うときは、通常は、最寄りのディーラーに行きますよね。

 

そこで、値段を交渉していくのですが 個人でディーラーと値引き交渉するのには限界があります。
なぜなら ディーラーもメーカーから新車を仕入れて販売しています。

 

新車のディーラーは、地域ごとにエリアを分けて存在しており、 それぞれ自社の商圏を守って販売しています。
ですので、そもそも他社と競合することが少ないのです。

 

C-HRなどの人気車は、全く値引きをしないで販売しているディーラーも珍しくありません。
商圏考慮必要ない「新車流通革命」はディーラーから新車を卸してもらい全国へ値引き販売ができるんですね。

 

C-HRを卸すディーラーも販売台数が稼げ、個人へ直販ではないので商圏外への登録でも問題ないのです。
購入者としてもC-HRを安く買うことができるので、みんながWin-WinでHappyなサービスなんです!

 

C-HRを新車で買われるのでしたら どこよりも安い価格で買えるんです。
これなら値落ちの少ない中古車を買うよりもお得MAXですよね。

 

人気のオプションが取り付け込み激安!
特別金利キャンペーン1.7%?でどこよりもお得!

 

もちろん、全国納車OK!
保証に関してもディーラーよりも長い9年保証!(ナビの保証は7年も付きます!)

 

最長120回ローンもOKなのでお財布に優しいですね。
グレードやカラーも自由自在です。

 

下取りや引き取りも対応してもらえます。
納車後は近所のトヨタディーラーでメンテやアフターサービスが受けられるのも嬉しいですね

価格だけじゃない「新車流通革命」で買うメリット

新車流通革命でC-HRを購入するメリットは、価格だけじゃないんです!

 

・通常ローン金利6.8%のところ、最大1.7%でご提供!
金利差額はなんと730000円以上!!
他店と比べて負担額を減らすことができます。

 

・苦しい時は、お支払いのストップもOK!
事前にお申し込みいただければ、毎月のお支払いも一旦ストップできます。
急な出費が必要になった時でも、安心できるカーローンです。
こんなローン、他では聞いたことがありません!!

 

・常識破りの最長120回払いの10年ローンもOK!
10年ローンなのに、他社の84回払いと比べても140,300円も安いです!
新車購入に向けて余裕のある支払い計画をたてられます!

 

といったように、
新車流通革命にしかできない独自のローンサービスと流通経路が最大の強みです

 

  • 新車を手に入れたいけど、収入が不安定。
  • 金利が高くて毎月のローンが支払えるか不安。
  • なるべく安く新車を手に入れる方法が知りたい。

 

こんな方には強い味方になると思います。
ガソリンが高騰している今、エコカーであるC-HRを安く買って10年乗るのは賢い選択だと思います。

 

これだけじゃありません!

 

事故時や修理時の代車を無料で使えたり、他社では有料となる希望ナンバーを無料で取れるんです。
その他、オイル交換やメンテナンス、車検が格安の特別価格で受けられる特典もあります。

 

LEDルームランプやドライブレコーダーなどが貰えるキャンペーンも毎月やっています。

 

 

 

こんなに特典がモリモリ山盛りなのに、新車流通革命を使わない理由はないですよね!?

 

どこで購入してもトヨタの新車に変わりありません。
転勤や引越しの為購入店以外で点検といったケースもあります。

 

アフターメンテナンスはお近くのC-HR取扱いトヨタディーラーでも受けられますので遠方でも大丈夫です。
嫌な顔をされたり断られたりすることはありませんのご安心です!

 

利用した自分が言うのだから間違いなしです。
顧客満足度はナンバー1と断言します!

 

>下記公式サイトから問い合わせをどうぞ<

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

....

クーペのような流れるようなデザインを特徴とするコンパクトSUVC-HRの値引き価格 / C-HRは、
トヨタから発売されました。

 

今回新発売のSUVがサイドウインドウを小さくし、リアドアハンドル
存在感をなくすクーペのようなデザインが注目を集めていますが、優れた乗り心地と優れた走行性能C-HRの値引き価格
注目のポイントの1つ。

 

>>> C-HRの値引き価格の外観写真【トヨタの新しいSUVの徹底的な見直し】

 

同じプラットフォームを採用したトヨタの人気ハイブリッドカー
乗り心地はPrius(Prius)より優れている、私はそれをかなり驚くべきものにした。

 

トヨタC-HRの値引き価格 / C-HRはどんな快適さを感じましたか?
私は実際にこの車を試して魅力的な部分を紹介したいと思います。
ボディーカラーはメタリックな新色のRadiant Greenです。
まず、ドアに触れることで運転席に入ることができると感じました。

 

ドアを閉めたときには、 "高級車のドアを"バン "
密着感は良い印象です。

 

インストルメントパネル・運転席、運転席に着くときの感触、
私はノッチの車に乗っているように感じる....
C-HRの値引き価格インテリアレビュー【デザインからバックシートのサイズまでの徹底的なチェック】

 

この運転席に入ると、贅沢感と体の骨格がしっかりとしている感覚
このC-HRの値引き価格 / C-HRは、競合車両/ライバルカーのVezel / Bezel(VEZEL)で味わえない
私はそれがアトラクションの一つだと思った。
あなたが運転席に着くときに品質と贅沢の感覚に満足しているので、試乗しましょう!

 

今回新しく発売されたC-HRの値引き価格 / C-HRの乗り心地は、しなやかでフラットです。

 

今回乗ってみたハイブリッドカーは、17インチを標準装備したモデルで、
私はトヨタの車に見られることが多いフナフナでソフトな乗り心地を感じることはありませんが、
私はタイヤで路面をつかんで走ります。

 

運転に必要な情報は、タイヤ、ステアリング、ステアリング
私は来ていますが、ざらざら感やふわふわの感覚がないので、長距離を運転しても
私はそれが疲労に耐性のある車になっているかどうかを考えました。

 

また、ホンダのWesel / Bezel(VEZEL)のように、競合する自動車とライバルカーの1つです
騒動と車台がコンパクトになっているという気持ちがなく、路面の不快な突っ込み感やクラッシュになってしまった
私はそれが感情を拾わない乗り心地になったことをとても満足していました。

 

クイックレスポンス&正直なハンドルも良い印象です

 

また、今回リリースされたC-HRの値引き価格 / C-HRをテストしていたとき、私は驚いたことに、
ハンドル/ステアリングホイールの反応は、私が思ったより速く、正直である。

 

だから、あなたが運転しているようにイメージされたラインをトレースすることができます
それはとても快適です。また、車体の重心が高いSUVのうち、カーブを曲げたとき
私はまたかなり圧延を続ける....

 

今回私が試した東京のお台場の「MEGA WEB(Mega Web)」では、
スラロームが連続的なコースがありますが、このC-HRの値引き価格 / C-HRはサスペンションに十分です
それはスティックなので、左右に揺れ動く感情が少なく、運転は簡単だったという印象を受けました。

 

今回我々は車をテストしており、ハンドルの感触
私はまた、良さは運転の容易さに大きな影響を与えていると考えました。

 

突き上げ感の吸収の良さに感動
このようにして、新しく打ち上げられたC-HRの値引き価格 / C-HRはフラットライドとなり、
装飾的な道路やマンホールを乗り越えるとき、私は足がそのままであると感じます。
また、底からの衝撃と衝撃を感じます。

 

しかし、サスペンションとダンパーのしっかりした働きにより、
体全体が揺れているような気分はありません。また、衝撃と振動の収束と吸収
それはかなり良いです、私は不安を感じません。

 

以前は、同じプラットフォーム「TNGA」を採用したプリウス(プリウス)
私が試みたときでさえ、押しつけの感覚は軽いかもしれないと書いたが、
今回新しくリリースされたC-HRの値引き価格 / C - HRがそれよりもさらに良くなっていると感じました。
基本的にそれは後部に二重ウィッシュボーンとプリウス(プリウス)を採用し、
同じ設定ですが、ヨーロッパのショックアブソーバ
それは人気のあるサックス製のものに変わったようだ。

 

先日、隣人のトヨタでこのテストを試したとき、営業担当者から教えてください
私はそれを持っていますが、このザックはショックアブソーバーを作った
吸収と反応が良いという評判があるようです。

 

だから最近、初めて日本車に採用されたようです。

 

ディーラーは、「このC-HRの値引き価格 / C-HRサスペンションでも
このZac製品を採用することで、乗り心地が大幅に向上しました。その事。

 

このZackがショックアブソーバをどれくらい遠くまで快適にするのだろうか?
私はそれを与えたかどうかはわかりませんでしたが、それはプリウスよりも快適です(プリウス)
私はそれがより良くなったと確信しています。

 

個人的には、振動が抑制されたこの新しいモデルの乗り心地に満足していました。
トヨタから今回発売されたコンパクトSUV「C-HRの値引き価格 / C-HR」ハイブリッドカー
私はドライブを試乗したが、それは乗り心地が良かった。

 

サプルとフラットな乗り心地はプリウス(プリウス)
近くの部分がありましたが、私は厄介な道などの荒い道を走ったとき
衝撃の柔らかさと吸収の速さがはるかに優れていたことに私は驚きました。

 

また、C-HRの値引き価格 / C-HR競合車として、ホンダのヴェーゼル/ベゼル、日産のジューク、
マツダのCX-3など、さまざまな特徴を持つ車があります。
しかし、ライドクオリティに関しては、個人的には、今回新しくリリースされたC-HRの値引き価格 / C - HR
私は最高の気分だった。

 

とにかくこの車に興味があれば、ぜひディーラーに行きましょう
試乗してみてください。私はあなたが乗り心地に感銘を受けると確信しています。

 

シャシーは、新型プリウスで始まったトヨタの車革命「TNGA(Toyota New Global Architecture)」のCプラットフォームを採用しました。新しいプリウスが象徴するように、トヨタの最近のデザインは個性を前面に出し、好き嫌いをはっきりと区別することができます。豊田会長は、元安心と欺瞞の評判を変えたかっただろう。その感触はデザイン改革の原動力となるかもしれません。

 

C-HRの値引き価格の場合、私はもう一つの復讐があると感じます。このクラスのクロスオーバーSUVのパイオニアはトヨタ自身です。

 

1994年に発表された「RAV 4」は、横置きエンジンの前輪駆動乗用車のパワートレインを利用した世界的なクロスオーバーSUVを先駆けて開発し、このクラスの基準を制定しました。しかしその後、RAV 4は北米市場に応じてサイズが拡大しています。日本での販売が中止されました。

 

一方、オリジナルRAV 4と同じカテゴリーでは、日産自動車は2010年に日本とヨーロッパで革新的なデザインを打ち出した「Juke」を提供しました。 2013年にホンダはフィットベースの「Wesel」を導入しています。 2015年度に販売された国内初のSUV新車販売がWeselに買収されました。

 

ジュークとヴェゼルの両方が、国内自動車としての抜本的な設計の所有者であり、それが良い理由の1つです。このカテゴリーのパイオニアであるトヨタは、主役に戻るためにはもっと個性が必要だと考えていたかもしれません。
日本式C-HRは、1.8グラムのエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッド2WDの標準グレードのSと、グレードの高いGグレードのS-TとG-T、1.2リットルのターボエンジン4WDからなる4段階の構成です。アルミホイールの場合、S / S - Tは17インチの銀塗装、G / G - Tは18インチのカット、G / G - TはフルLEDヘッドランプ/リアコンビネーションランプをオプション装備しています。

 

GとS - Tは、前述の試作試乗のために準備された。作者は実際の車を確認し、チーフデザイナーの稲沢和彦氏と話しながら、魅力的なC-HRのデザインを考えました。
シャープなスタイリング

 

まず第一に、タイトなボディに対して突き出たフェンダーの存在です。写真には多くの力がありましたが、実際の車は良くないと思っていましたが、C-HRは例外でした。シェイプのこのモチーフはダイヤモンドと言われています。なぜダイヤモンド?伊沢さんは次のように説明しました。

 

「普通の車のボディは、上から見て四角形ですが、45度回転させると、尖った正面の菱形になり、タイヤがタイヤに突き当たります。 4つのコーナーこれはダイヤモンドのモチーフの起源です。

 

タイヤの存在も激しい。 C-HRの全高は1550mmで、クロスオーバSUVとしては低く、タイヤの高さは690mmで、全高の44.5%に達します。ライバルを上回るこの比率も存在感に寄与していると思われる。

 

フロントマスクは、トヨタが世界展開モデルに採用している「C-HRの値引き価格」という鋭い目を導入しましたが、Ceen-HRのためにKeen Luckが準備されていたようです。リアコンビランプもブーメランタイプにして大胆に突出しています。

 

これまでの鋭いスタイリングは、それを作ることになると痛いでしょう。彼女は生産現場を簡単に受け入れましたか?イザワさんは背景を尋ねました。

 

「開発の初期段階では、各部門に設計を導入し、設計の意図を説明し、協力を求め、実現のためのアイデアを議論しました。試作品についても試行を繰り返しました。事実について良いことが実現につながった」

 

 

リアデザイン
私がC-HRのスタイリングに感銘を受けたのは、それが大胆であることですが、面倒ではありません。私はなぜ写真で理解できませんでしたが、私は実際の車に前もって満足していました。

 

1つは少数の行です。近年の国内生産車のスタイリングは、多くの細い線を使用する傾向があります。きれいに見えるディレクトリを作成したいという欲求があるかもしれませんが、旅行中にはこれらの行はほとんど見えなくなり、逆にしばしばその主張が貧弱であると感じます。
また、各行には意味があります。フロントとリアのバンパーに採用されている台形モチーフは共通で、フロントではヘッドランプとの連続性を考慮しています。ヘッドランプヘッドランプの上と下のラインは平行に並べられ、後ろ側はフェンダーと一体化されています。フロントウインドとリアフェンダー、リアウインドとコンビネーションランプの側面から見た傾きは近い。

 

作者は、このような線を適切に描くのか、思考して描くのかによって、デザインが大きく異なることが何度も見られました。ヨーロッパのプレミアムブランドのデザイナーは、ディテールモデリングに多くの変更を加えることでそれを改良することが重要だと教えてくれました。私はC-HRにも同じことが適用されると感じました。

 

後部ドアを開けるためのピラーオープナーには、クルマのようなキャビンを示すテクニックがあり、ライバルの日産ジュークとホンダのC-HRの値引き価格ヴェーゼルも採用しています。しかし、ライバルの車とは違って、C-HRはオープナーを横向きにしている。最初は奇妙な印象を受けましたが、実際に手を置いたときにレイアウトが開閉しやすいことが確認されました。

 

 

ボディカラー
新しく開発されたカラーのボディカラー、Radiant GreenC-HRの値引き価格メタリックシルバー(Metal Stream Metallic)シルバーはボディラインの強調によく使われる色だから説得力がありましたが、グリーンは予期せぬ選択だったようですが、私は伊沢さんに尋ねました。

 

「アイデンティティを追求する車のような新鮮な提案をしたいと思っただけでなく、彼らはコンパクトなクロスオーバーと思われる華やかで健康的な色がほしいと思った。ファッションとインテリアのトレンドを見て、エメラルドグリーン反射光を放射する。